telnetの使い方

telnetの使い方(壊れてしまったメールがエラーになり、受信に影響が出た場合など)

コマンド プロンプト起動して以下を入力
1.telnet
2.set codeset jis kanji (日本語メールを読むために)
3.open <server name> <port#>
4.user <account name 一般のプロバイダーの場合、メールアカウントではなくメアド?>
5.pass <your password>

 

これでつながるはず。以降よく使うコマンドとしては

・stat=受信メールの件数とバイト数が表示
・list=受信メールの番号とバイト数が表示。
・retr メールの番号=指定番号のメールが読み出される。
・dele メールの番号=指定番号のメールが削除される
 

※VISTA、7の場合にはあらかじめTelnet を有効にしておく必要有
→、[コントロール パネル]→[プログラム] →[Windows の機能の有効化または無効化] から[Windows の機能]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です